ミッキー,だ。
この模倣,もしくはパロディ。
もはや,禍々しさすら 感じさせるよ。

2017henoheno03.jpg
この,車庫のシャッター横にぶら下がるもの達にも
興味津々でありますが,
今回は目をつむり,シャッター自体のへのへのもへじに
目を向けようと思う。

2017henoheno04.jpg

パッと見,同じようなへのへのもへじが並んでいるように思えるが,
そうではなかった!!

ミッキーマウス風の白い顔がありますな。
顔の中身がへのへのもへじになっている白い顔がありますな。
そして,パンダ風の白い顔がありますな。
このパンダ,「カンフーパンダ」(名作だと思うよ)の主人公に
よく似ておる。

そして,この,膨大な顔の量。
圧倒的ではないか我が軍は!! でありますよ。
この3種類の中で特に異彩を放つのは,
やっぱり何といってもへのへのもへじですな。
この,楽しげな輪郭の中に入る「へのへのもへじ」という文字は,
やはり,一種独特で,様子に異なるものがありますよ。

という訳で,まだ続く。
次回は,玄関付近です。










結論から申しますと,ここは,
へのへのもへじの飾りに身を隠した卓球場であります。
へのへのもへじの館,だ。
由利本荘市民ならば、98%くらいの人は知っておるのではないかという,
有名な建物なのではないかと,勝手に推測。

2017henoheno02.jpg

本来の軒下は,質で勝負する部分が大きいと考えておりますが(思いこみ),
この場合,量で勝負であるともいえるが,
質の高さ(変わっている,という意味で)でも,どっこいどっこいだ。
とにかく,圧倒的ではないか我が軍は!!なのであります。
やや怖いが,ちょっと近寄っていきます。

2017henoheno01.jpg

丸いものが多い。
丸いへのへのもへじで埋め尽くされておる。
緑が豊かだ。
へのへのもへじがなければ,ちょっとお洒落な邸宅です。

近隣の人々はどう思っておるのかな。
これは,表現の一つと云えるのだろうけれども,
常軌を逸している。
ま,そこが魅力的であるともいえる。
とにかく圧倒的だ。
岐阜あたりの干し柿たくさん下がってる!!みたいな,
小生のイメージであります。


この項,あと2回やります。
どこをどう見ても,へのへのもへじなのだけれども。






おはようございます。
焼き肉屋で,カレーもあるというので(幟が立っていた),
行ってきたのだ。
平日の昼というのに,人がたくさん。
みな,カルビラーメン(辛い)か焼き肉ランチ的なものを頼んでおる。
昼から焼き肉食うなんて,贅沢の極みだ。(というのは個人的な思い)

2017janjancurry.jpg
カレーライス 600円

細長い皿,大好きです。
楕円とも違う味わいがあるな。
福神漬けの添え方もダイナミックというか何というか。

カレーの塩分はどうあるべきかを近年考えておるのですが,
そういうことを考えさせられるカレーでありますが,
大変美味しくいただきました。
真夏,クーラーの効いた焼き肉屋で。

それにしても小生,なぜ,「平日の昼」と「焼き肉」にこだわっておるのか,
と自問するに,
平日に焼き肉は贅沢だという図式というか固定観念が
心の中にあるからですな。
週末の夜ならOK,ということです。
ま,自分にとってはね。










先日の物件と同じ事業所の室外機達だ。

お部屋がいっぱいあれば,室外機もいっぱいあります。
お部屋が広ければ,室外機もたくさんあります。
(河童寿司とかホーマックとか)

2017situgaikikisoku.jpg

ランダムに並んでいるような印象を受けるが,
実際には縦長のAタイプと,中型のBタイプに分かれております。
AABBBA
というように並んでおる。
そして,なんだか乱れているような感じがするのは,傾がっているからなんだな。
つまり水平でない。



水平であって欲しいものは,レコードをかけるターンテーブルですな。
あと,居酒屋のカウンター。
名古屋で深夜に飛びこんだ居酒屋は,
カウンターが手前に傾がっていて,往生しました。
恐怖感とのちょっとした闘い。
杯の中で酒が斜めになっているのが見えるのだ。
満杯にしようとすると,零れてしまうのだよ。
ま,途中までつげばよい話ですけどさ。








結論から申します。
曲がっております。
それも,遠慮仮借なく。

2017timny01_20170910080521f50.jpg

何かおかしいと漠然と感じたのだった。
家に帰り,画像を取り込み,拡大して確認。

2017timny02.jpg

煙突の曲がり方が不自然なのだ。
むしろ,潰れている,といった方が相応しいほどだ。

2017timny03.jpg

圧倒的ではないか!!我が軍は!!
という,ギレン総帥のセリフを引き合いに出したくなるほどの
折れ曲がりっぷり。
もはや,煙突としての用を為しておらぬ。
煙も逆流するというもの。
一酸化炭素中毒発生も起こりうるというもの。
というよりも,なぜここまで,放置しておくかも問題であります。
言わずと知れた,雪害。
雪の力でここまでになってしまう。
雪,恐るべし。
こまめに落としておかないと。
といっても,こういう事業所では,責任の所在が
かなり曖昧なものであるからして,
自分に責任が降りかかってくること以外は,決して手を出さないものですよな。
雇われ人なら尚更だ。

という訳で,煙突が可哀想な巻でありました。







>>次のページ