たまにあるのですよ,こういう,芸術の残骸を
お外に放置というか,よせておいて,雨風に晒しちゃっていることが。

2017art01.jpg

見つけたときには,軽く,目を疑ったものでした。
なんで,こんなもんが,わざわざ外に?と。

2017art02.jpg

見るからに,花の絵であります。
よくよく描き込まれ,
背景にしか色が塗られておらぬ。
花の際の部分が色濃く,周囲に向かって,薄くなっていく。
そして,倒れぬように,紐で結わかれているという家人の思いやり。
というか,やっぱり,なぜ外に?であります。

そして,外といったらやっぱり置かれているのがこれです。

2017art03.jpg

鍋。
その下にあるのは恐らくは,漬け物石的なもの。
(もしも石臼だったらば,下谷の再来だ!!)
外にキッチン用品が置かれるのは,実に珍しくない(変な表現だ)。
包丁なんて,畑の野菜の収穫に大活躍です。
まな板も外にあったりします。
古くなった台所用品はおままごとにも活躍です。
ままごと,やったな…(と遠い目)。




全っ然,関係ない話。
JPホーガンという,米国の“ハード”SF作家がおりまして,
『星を継ぐもの』という名作があり,
それはシリーズもので,もう,すこぶる面白いのですが,
別シリーズで“造物主”シリーズというのもあり,
その2作目にこれから取りかかるところ。
木星の衛星に,異星人が送り出した工業ロボットの乗る宇宙船が偶然たどり着き,
(もう,こういう説明からしてなんのこっちゃでしょうけど)
独自の世界を創り上げているのを地球人が発見し…,という話で,
つまり,そのロボット達は,まるで地球の中世のヨーロッパのような世界を
自分たちで創り上げており,その中には,資本主義と共産主義が
偶然の産物か,対立しており,
という,小生は説明しているだけでワクワクなのだが,
読者諸氏はやっぱりなんのこっちゃでしょうなごめんなさい。



最近,コンパクトデジカメの画面に黒いものが映り込むようになってしまった。
レンズの内部に汚れのようなものが見える…。
ズームアップすると,その汚れまで拡大されてしまう始末。
困ったもんです…。

さて,なんとも風情のある軒下です。

2017buranco.jpg

この光無しには,崇高な光景は生まれなかったことでありましょう。
朝日だから,崇高です。
夕日だったら,ちょっと寂寥な感じ。
朝日だからこそ,力みなぎる感じ。
そういうことです。

しかしながら,この,かつて使われていたであろうブランコには,
朝日が当たってもなお,寂寥感が漂いまくりです。
古いもの,というのは,神々しさを感じさせるときもあり,
明らかに寂しさを感じるときもある。
生活に身近であったものほど,寂しい感じがいたしますな…。
(どんな子どもが使っていたのだろう,とか)



今朝も雪が積もっておりました…。
まだまだタイヤを替えられぬ。
そして,いま,最も心配しているのが,
横綱稀勢乃里の怪我の塩梅。
このまま休場になっちまったら…と,夜も眠れぬ(大袈裟)。
最近好きだ,「その他」の軒下。
自由感がサイコー。

で,これです。
早朝の,北上市。
カレー食いに行こうと思い(「九兵衛」に行ったらば,休業になっており,泣く泣く帰った),
道路を車で走っておったらば発見したよ。

2017hanabusa01.jpg

もう,設置者に対する突っ込みどころ満載!!
24時間,米が買えます。
つきたてです。
この機械の中に精米器が入っているのかな。

2017hanabusa02.jpg
自動販売機であることで,人件費と配達料を削減できるというわけです。
その分,ホントに安くなっているとよいのだが,どうか。

2017hanabusa03.jpg

クゥ~~~~,この,ショーウィンドウ!!
泣かせます。
設置者の思いがここに表れているよ。
これがあるのとないのとでは,大違いですよ。
崇高なる理念が,ここに描かれているのですよ。
この,ショーウィンドウに。

2017hanabusa04.jpg

それぞれの商品が紹介されております。
「ひとめぼれ」,すっかりメジャーになりましたな。
銘柄のない,「徳用品」と記されている米,
それほど安くもなく,興味深くはありますな。


ともかく,ここで米を買う人が一体どれだけおるのか知らんと,
興味津々であります。
ま,小生は買いません。
身内から譲ってもらっているから。
たまに,ご飯の炊き具合が,「我が意を得たり!!」と,喝采せんばかりの
素晴らしき様子のときがあり,そういうときは嬉しいものですな。


それにしても今朝の積雪には驚いた。
10cm以上積もっておりました。
そして,吹いたり晴れたりの不安定な天候。
ま,のんびりと過ごしましたけどさ。
久しぶりに昼寝しちゃった(テヘペロ)。


まるで蛇か龍かが絡みついているようであります。
ほぼ,蛇ですな。
女性にこんなに絡みつかれたら,と思うと苦痛に思える年頃の小生です。

2017snake.jpg

もう,店名に関しては,あまりに有名すぎるから,
隠す必要もないでありましょう。
そばには,名だたる名店が軒を連ね,
お金持ちの皆さんは,この辺に足を運べば大体の用は足りるであろうと,
そういう地区です。
(お向かいの,“カ”のつく店のロゴが映っている)

それにしても,よくもまぁ…,というのが
一番の感想です。
大したデザインです。
大した発想です。
此処のお店と蛇がどんな関係があるのかは窺い知れぬものがあるが,
とにかく大したものであります。

よく,「俺はこんなんじゃ終わらねぇ!!どでかいことを成し遂げてやるぜ!!」的な,
自己実現を最終目標にする人のことが小説やら映画やらドラマやらで
描かれるものですが,
「大したこと」というのは,人が判断するものであり,
おそらくその,どでかいことをしたい人の考える「大したこと」は,
周囲の人が考える「大したこと」とはずれており,
いささか滑稽な結果に終わる,というか,
結局何もしないまま終わってしまう,或いは帰って人に迷惑をかけてしまうもの
なのだよなぁと,
この店の蛇を見て思うのでありましたよ。

今シーズン,大丈夫かなと思っていたが,全然大丈夫でなかったようだ,
花粉症。
今日にでも薬を貰いに行かぬと,大変。
秋葉原の駅のそば,川の横の自販機集合コーナーであります。
なんつーか,オーナーの趣味が丸々出まくっている,
素晴らしい,混沌とした空間。
特に夜間,此処にいると,軽く頭が可笑しくなるであろう。

2017utte.jpg

「今はまさに戦国時代,勝利に向かっていざ出陣。戦国ポテロングで討手でろ」
とのことで,
打って出る
ではないのかなと思いつつ,
しげしげと観たのでありました。
ちなみにこのオーナーは,悪戯されたり破壊されたりすることを極度に嫌い,(当たり前か)
それに関する立て札警告もたんまりありますよ。
でも,落書きとかされておる。
さすが秋葉原。

そういえば此処のそばに,「カレーノトリコ」という,マニア向け的なカレー屋があり,
そのうち行ってみたいものだのう。
カレー店は,ラーメン店ほど行列しなくてよいのが宜しい。
あと,出てくるのが早いのが宜しい。
脂肪分が少なそうなのが宜しい。



世はスプリングですな。
いろいろなことに区切りがつく時期。
小生も,区切りがつき,モラトリアムな日々が昨日から始まったよ。
昼から酒飲んでいたいが,
晩になってから,どうにも身体が変になるのだよな。
ついでに,頭の中も。
昼酒には気を付けないと,と,今更ながら思うのでした。
(昼飯食いながらの生ビール1杯ぐらいが適量だと思ふ)
>>次のページ