FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずはこれをご覧くだされ。

nokisitasan.jpg

山の中の駐在所のあれこれを描いたそんなに軽くもない小説を
読んでおりましたら出てきたのだ。

軒下さんという名字の人が!!

しかも消防団の団長という、どういう訳か分からぬ設定。
これは、本当に、実際に、国内に存在する名字なのだろうか。
ということはインターネットで検索すればすぐさま分かる(信憑性は別として)こと
ではあるのだろうだが、
それは気にしないとしてだ。
作者がこのような名字を登場させるということは、
少なからず、軒下のことを気にしたことがある
特異なヒトであろうことは想像に難くない(いや、難いだろうな)。

まるで自分が登場したかのような、
変に驕り高ぶったエラソーなことを申しますが、
とにかく大コーフンでありますよ。
参った参った。




さて、今朝から、花火(というか音花火)が上がっております。
隣の集落で裸祭があるのだ。
詳しくいえば、下帯だけの男衆が集落内を練り歩き、
家々に準備された冷水を体に浴びせて、
人々の健康安全五穀豊穣を祈願するという奇祭だ。

その集落の住民でなくてよかったと心から思います。
風邪ひいて肺炎なって入院してしまいます体の弱い小生としては。
参加する皆さんには頭が下がる思いだ敬意を表しますよ。







スポンサーサイト
結構好きな、横手やきそばの店だ。
早い昼食を摂りに行ったと思いねぇ。(ここだけ江戸っ子)

いや~、この時期はなかなか辛い時期だった。
「カライ」だったら、カレーなどを食べて楽しい感じだが、
「ツライ」でありました。
しょっちゅう外のシゴト。
いろいろ重なると、「いまオラは何のことを一番にやるべきなのか」が
分からなくなってきますよな。
ま、そうゆうときもある。

2018hujiharu.jpg

横手やきそばのコンテストで4位以内に入ったという証ですな。
たくさん、入った訳だ。
ここの店の驕り高ぶらない、いつもと変わらぬ営業ぶりが、好きだ。

ちなみにこんとき、肉抜きの「玉子中盛り」を食いました。
肉は、無しで良かった。

近頃、麺料理を食うとき、麺そのものが旨くて堪らぬ。
特に、チェーン店である「めん丸」のフツーの味噌ラーメンが旨くて堪らぬ
幸福感すら感じるよ。






(『ボヘミアンラプソディ』、3回目を観てきた!!)





インフルエンザになりました…。
3年間お休みしたであります。
A型が猛威を振るった1月。
B型やらC型がこれからやってくるとまことしやかに
ささやかれておるが、
1シーズンに二つのインフルエンザに感染したとしたら、
それは話の種。
いえ、別になりたくはないけどな!!
なんと言っても、寝ている間が退屈すぎる。
生産的な活動が、ゼロ。

乾物屋の軒下にこんなものを見付け、
嬉しくなったでありますよ。

2018syunkoen01.jpg

こういう感じでぶら下がっておったのだが!!

2018syunkoen02.jpg

…「春光園」?
いろいろと憶測を呼ぶところですが、
まぁ、それはよいとして、
この形状が得も言われぬよ!!

ぶら下げる針金の腐食っぷりも、なかなかです。











初冬のことでありました。
郵便局の荷物積み込み口的なところに
米袋が山積みに(大げさ)

2018postofficerice.jpg

バイクに積んだら大変でしょうね。
きっと新米。
貰って嬉しい新米です。
新米は、香り高い。
香りの高さが新米の魅力であります。
おかず要らず。
おかずなしでいけるっす!!(体育会風)

…テンションが上がらず、こんな平淡な文章です。
それではみなさん、さようなら。













謹賀新年。
臥薪嘗胆。
であります。
寒くって、PCのある部屋になかなか足が向かず(言い訳)、
全国津々浦々の読者諸氏、明けましておめでとうございます。
遂にこのサイトが20周年を迎えてしまった…。
いいのだろうかこんなに続けて。
でも、まこさんはもっとだと思うし、頻繁に更新しているから、
見習おうっと。

さて、旨そうなこの画像は、

2018anrakuyakinikurice.jpg

『焼き肉ライスの安楽』の焼き肉ライス大盛りだ!!
もう、豚バラ肉、最高であります。
もっと最高なのは、サラダやスパゲッテーと一緒に食えるところだな。
にしても、店名にメニューが入っているのは、
「○○ラーメン」的な感じでしょうかね。

さて、それよりも本題。
焼き肉ライスの安楽の隣家にあった新年らしからぬこのチェーンは、
相も変わらず小生にブルーザブロディを思い起こさせますよ。
(プロレス好き)
先日の忘年会にて、同僚にスピニングトーホールドをかけたが、
迫力に欠き、悔やまれるところ。

2018brodychain02.jpg

鎖といえば、帷子ですよ。
帷(かた)子(びら)と読むのでしょうか。
帷(か)子(たびら)だろうか。
…こういうのって、“固有の読み方”で済まされちゃうんだよなー。
釈然としません。

という訳で、本年もゆるゆると更新しますが、
月イチくらいだったりしてね!!














>>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。